TEL 044-573-0359
電話受付時間帯:平日9:00~18:00
お問い合わせフォーム
弊事務所は、
在日中華系企業・中国人富裕層・中華系オーナー
特化した会計事務所です。
お客様の声
Shiro Data Media 様
晨信 様
Myblex 様
こんな事で
お困りではありませんか?
  • 中国向けの輸出や中国からの輸入に詳しい税理士を探している
  • 現在の顧問税理士には、申告作業や相談を後回しにされていると感じることがある
  • 中国語で気軽に相談したいが今の顧問税理士は中国語が話せない
  • 最新の日本の税務情報について中国語で知りたい
  • 顧問税理士が年に1度の税務申告以外は何もしてくれない
  • 税務だけでなく翻訳・給与計算など、バックオフィスの業務にも対応してほしい
  • 経営者仲間で出ている噂だけで税金対策をしているが不安
  • 中国のネット文化に明るい税理士を探している
岩谷敦史(いわたにあつし)税理士事務所
5つの特徴
特徴 1
豊富な輸出還付申告最新の税制に対応

今、このホームページをご覧になっている方は、輸出業をされている経営者様も多いのではないでしょうか?
そして、書類を提出していなかったから、還付を受けられなかったという経験もございませんでしょうか?

当事務所では、消費税の輸出還付申告の手続きを多数行っているため、

  1. 頻繫に改正がある消費税法について最新の情報をキャッチしている
  2. 提出しなければならない適用できない書類に関して、出すタイミング等を熟知している
  3. 還付を受けるために経営者が残さなければいけないものを的確に案内できる

サービスを提供しております。

特徴 2
不動産投資アドバイス 宅地建物取引士も取得している
税理士が対応

不動産投資をされている投資家の方・経営者様、効果のある不動産投資ができていますか?
仲介してくださる不動産会社の方の情報と利回りだけで投資を行っておりませんか?

不動産は言うまでもなく多額の投資になるため、税金の振れ幅も大きくなります。
そして、不動産会社の説明では、税金に対する説明ができなかったり、知識がなかったりすることが多く
購入後に投資家の方から当事務所にご相談されることが増加しております。
当事務所では、

購入前に税金面、キャッシュフロー面でのシミュレーションを行うことも可能であり、
またランニング後の確定申告も承ります。
特徴 3
中国語での電話対応 所長 岩谷敦史の妻が中国人である
ことから密な連絡が可能

初回の電話相談の際から中国語でのご相談が可能です。
所長 岩谷敦史の妻は中国出身であり、所内に常駐しております。

電話でのご相談やメールでの返信についても中国語で対応できるため、
中国経営者様との意思疎通をスムーズに行うことができます。

中国福建省福清市出身

短大留学時代に経済学部だったため、経理、財務諸表、簿記などの学習をし、

ビジネス日本語J2を取得。卒業後、日本語能力試験N1、簿記2級取得。

現在宅建士・行政書士の資格取得に向け勉強中

岩谷敦史税理士事務所にて、

税金相談の通訳業務

行政機関から届いた書類について、どのようにすればよいかの相談対応

自身の経験からビザの相談

信頼できる行政書士へのお繋ぎ

を業務としております。

中国福建省福清市出身

短大留学時代に経済学部だったため、経理、財務諸表、簿記などの学習をし、

ビジネス日本語J2を取得。卒業後、日本語能力試験N1、簿記2級取得。

現在宅建士・行政書士の資格取得に向け勉強中

岩谷敦史税理士事務所にて、

税金相談の通訳業務

行政機関から届いた書類について、どのようにすればよいかの相談対応

自身の経験からビザの相談

信頼できる行政書士へのお繋ぎ

を業務としております。

特徴 4
中華圏のITツールにも対応 中国経営者様との
円滑なコミュニケーション

当事務所は、Wechatなど中国経営者様が頻繁に利用するツールの活用により、スムーズに連絡をとれる環境を
整えています。
また、

Zoom・Chatwork・Dropbox、クラウド会計などの
ITツールを積極的に利用しております。

これにより経営者様から、レスポンスが早くすぐに対応してくれるという評価を多数いただいております。

特徴 5
中国経営者様との
豊富な顧問契約実績
顧問継続率92%

当事務所は、これまで日中輸出企業、中日輸入企業、人材紹介業、IT企業など、多くの中国経営者の企業との
顧問契約実績があります。

また、中国語での契約書や領収書対応、中国語による電話・メール・チャットでの対応、訪問時の中国語翻訳対応、
など中国語での多くの対応実績がございます。

スタッフを経理業務のアウトソーシングを受けており、税務だけでなく経理実務についてアドバイスができます。

日本滞在のビザ取得にも提携の行政書士と連携してサポートいたします。
中国経営者様には、税務以外でも気軽に相談できると好評をいただいております。
税務申告サポート料金法人顧問・申告書作成契約(中国語対応含む)
法人顧問・申告書作成契約
(中国語対応含む)
売上高による料金体系になっておりますが、事業内容等によっては金額が異なる場合があります。
売上高 月額報酬 決算料 合計 / 年額
~5,000万 33,000円 220,000円 616,000円
~1億 55,000円 264,000円 924,000円
~3億 55,000円 330,000円 990,000円
~5億 66,000円 396,000円 1,188,000円
~10億 77,000円 462,000円 1,386,000円
~20億 88,000円 550,000円 1,606,000円
20億~ 要相談 要相談 要相談
(全て消費税込)
消費税申告書作成
(中国語対応含む)
1回 22,000(毎月申告)
1回 66,000円(毎三か月一回申告)
1回 264,000円 (年に一回申告)
経営キャッシュ フロー
シュミレーション
単発 55,000円~
個人確定申告料 
(中国語対応含む)
165,000円~(年1回)
(全て消費税込)

当事務所の顧問料をご覧になって、高いと感じられましたでしょうか? それとも安いと感じられましたでしょうか?
顧問料の安さを打ち出している会計事務所が多いので、当事務所の料金は「高い!」とお感じになられる経営者様も
いらっしゃるかもしれません。

一方で、会計事務所を当事務所に変更された中国経営者様からは、
「顧問料が今より多少高くなってもそれ以上の付加価値がある」
「コミュニケーションが取りにくいということから後回しにされていたと感じていた」、
「適正でない会計処理をされて税務調査がきて困っていたのが解消された」
と言っていただけています。

顧問料が安い事務所は、一度契約した後は、年に1回の税務申告時期以外はまったく連絡がなく、
連絡しないと全くアクションを起こさなかったり、経営へのアドバイスがないところもあります。

この点、当事務所は、中国人スタッフが常駐し、電話もメールも中国語で対応が可能であり、毎月1回必ずフォローさせて
いただいています。
そして相談の中には税務とは全く関係ない
「従業員の採用に関する話」、
「次に興そうとしているビジネスの話」、
「クレジットカード・銀行口座の作成方法」、「接待に使えそうなおいしい飲食店の紹介」
など
経営、経営以外を問わず経営者様をサポートする参謀として、経営者様と並走してまいります。

そのため、顧問料以上の価値を感じていただけていると自負しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

24時間受付可能! お問い合わせフォームはこちら
電話でのお問い合わせ:044-573-0359(受付時間帯:平日9時~18時)
事務所概要
事務所名 岩谷敦史税理士事務所
代表 岩谷敦史
所在地 〒210-0811
神奈川県川崎市川崎区大師河原1-1-13-501
アクセス 京急大師線「東門前駅」から徒歩6分
電話番号 044-573-0359
ご挨拶

こんにちは、岩谷敦史税理士事務所のホームページに
お越しいただきありがとうございます。

私は幼少期によく祖父の経営している町工場によく遊びに
行っていました。
その会社は、祖父の死後ただんでしまったのですが、現在
存続しているとそろそろ創立70周年に到達する会社でした。
今、私の手許に祖父の亡くなる直前の決算書と税務申告書が
あり、税理士事務所を開業するにあたって眺めてみました。
すると総資産が7億円を超え、純資産も悪くなく、利益剰余金が
蓄積されたいい会社でした。
売上も2億円を超え、残念ながらこの期は損失でしたが、まだまだ元気な会社でした。
申告書を見ると、税理士の先生が手書きで申告書を作られており、工場であったので様々な書類を作らなければならず、
きっちり作られていました。
そして、私自身初めて知ったのですが、私は監査役に登記されており、決算書について妥当であると判断を下していました。

同族会社であったので身内を監査役にするということはよく話ではあるのですが、私自身この決算書を見たことがなかったので、
遅すぎますが、今監査役だった職務として、「会社の本来の持ち主である株主の立場になって、会社が健全に経営され、
株主の不利益なことが行われていないかを管理監督」を果たしてみました。
ここで、問題点は
在庫が多すぎるような気がするな。ちゃんと計画して製品を作っていたのだろうか
原価率が高くなってきているので、コストを削減する方法であったり適正な製品の値決めをしてお得意先に値上げ交渉を
行っていたのだろうか

従業員の方の採用を行って世代交代を実施していたのだろうか
・・・など色々なこと思い浮かんできます。

何よりもこの会社の一番の問題点を考えるとなぜ孫である私を後継者候補として、育成しようとしなかったのだろうかと思います。
そして会社を次の世代にバトンタッチをしようとしなかったのだろうかと思います。
これは、当時の若かった私自身の問題もあり、あまり町工場を継ぎたくないと思っていたこと、経営についてが よくわかっていなかったことなどが挙げられます。

しかし、社長である祖父はこの事業承継問題について、当時の度々発する発言から顧みてもすごく悩んでいたはずでした。

たらればを言ってはいけないと思いますが、経営を客観的に見ることができていた税理士の先生が
もっと経営についてアドバイスをしていたら。
社長の悩みについて聞いていれば。
この会社はまだまだ存続できていたと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、
私は税理士として開業するにあたって、祖父のような社長をお客様を少しでも手助けできるように
会社の経営・法人税の申告、個人の財産形成・所得税、相続税の申告を税理士としてトータル的に見てあげたい
社長の税務以外の悩みであったり事情聞いてあげたい
お客様の財産を、会社の財産をうまく次の世代に繋げていきたい
と筋を通して仕事を行います。

そして、「世の中の人から必要とされる税理士になる。そしてお客様と共に栄えていきたい」をミッションとして
日々邁進していく所存です。

今後とも益々のご支援とご愛好を賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせ・ご相談中国語対応
以下のいずれかでお気軽にお問い合わせください。